どんな返済方法が用意されている?

ローン会社指定のATMで返済する方法

カードローンでお金を借りた後は、毎月決められた日に最低返済額以上を返済していくことになります。
返済方法の一つとして、ローン会社指定のATM入金があげられますが、ローン会社直営のATMやコンビニATM等、返済できる場所が多いのが特徴です。自分の手でATMに現金を投入し、明細書又は画面上に借入残高が表示されるため、返済している実感がわく人もいるでしょう。仕事の前後や昼休み等の都合が良い時間帯に返済できる便利さや、お金に余裕ができた時に追加返済を行うことができる点も見逃せません。ただし、決められた返済日を忘れないよう、スケジュールの管理は大切となります。特に35日サイクルで返済を行う場合は、要注意です。

口座引落しや銀行振込で返済する方法

ローン会社によっては、口座引落しによる返済方法が用意されている場合があります。返済忘れが発生しにくいメリットがある一方、引落し前日までに預金残高の確認が必須となります。残高不足で引落し不能になると、延滞になってしまうからです。返済日当日に残高不足に気づいた場合、すぐ口座に入金すれば引落しがかかる銀行もあるようですが、前日までに返済額以上の口座残高にしておきましょう。
返済日と同じ日に別の口座引落しでの支払予定がある場合は、引落しの順序を自分で決めることができないため、その日に引落される合計金額を入金しておく必要があります。もしくは、銀行振込で事前に返済を行う方法もあります。振込手数料が必要となる他、事前返済の申出日によっては、再度引落しがかかる可能性がありますが、支払の優先順位を調整できるメリットにはなります。