お財布がピンチな時に便利なカードローン!

銀行と消費者金融の違い

カードローンといえば銀行の商品をまずは思い浮かべるのではないでしょうか。融資を受ける金融機関としては銀行が圧倒的に信用があるので、まずは銀行融資を検討することがおすすめです。消費者金融は昔は「サラ金」などと呼ばれており、借りると高い確率で破綻をするというイメージがありました。しかし近年では法律が厳しくなってきていることもあり、消費者金融の金利は下がってきています。最高金利は20.0%となり銀行カードローンと比べてもそれほど大きな違いはありません。ただ、やはり銀行ほどの信用はないので、利用をするにしてもしっかりと信頼できる会社であることを確認してからにするべきです。初心者の人は大手の消費者金融を選んでおくのがよいでしょう。

同じ消費者金融でも違いがある!即日融資に対応している?

同じ消費者金融でも金利に差があったり、審査の難易度に差があったり、「30日間無利息」があったりサービス内容はさまざまです。お財布がピンチなのですぐにお金を借りたいという人にとっては即日融資に対応していることが重要でしょう。大手の消費者金融ならほとんどは即日融資に対応しています。中小規模の消費者金融では審査に時間がかかることもあるので要注意です。銀行振込みで融資を受ける場合には銀行が営業している平日15時までに手続きを終えている必要があります。意外に見落としてしまいやすいのが返済方法です。銀行振込みでの返済にはほとんどの会社が対応していますが、ATMやインターネットバンキングに対応しているかどうかは会社によって分かれます。好みの返済方法に対応しているカードローンを選びましょう。