融資枠が大きい!

クレジットカードはキャッシング機能がメインではない

クレジットカードでもお金を借りることができるので、わざわざカードローンに申し込んでキャッシングをするメリットを見いだせないという人も少なくないでしょう。しかし、クレジットカードのメインはあくまでもショッピング機能であり、キャッシング機能はオプション的なものです。それがわかるのが、クレジットカードにおけるショッピングの限度額とキャッシングの限度額の違いです。
消費者金融が発行しているクレジットカードなど例外はありますが、ほとんどのクレジットカードでは、ショッピングの限度額の方が多くなっています。また、ショッピングの限度額は不定期に上がっていくけど、キャッシングの限度額は契約時からずっと据え置きという人もいるのではないでしょうか。クレジットカードのメインはショッピング機能というのは、そういったことが理由です。

最初から融資枠が大きくクレジットカードよりも利率が低め

では、カードローンはどうなのかというと、クレジットカードと違い、機能はキャッシングしかなく、それがメインということになります。そのため、クレジットカードのキャッシング枠よりも限度額が上がりやすく、また、契約時の融資枠が最初から50万円程度あることも珍しくありません。以上のことから、いざというときにできるだけ多額の現金を借りられるようにしておきたいという人であれば、カードローンを契約しておいた方がいいといえるでしょう。
また、カードローンの場合、融資額がクレジットカードよりも多い分、設定されている利率がクレジットカードのキャッシング利率よりも低いことが多いです。そういった点で、ショッピングはクレジットカード、キャッシングはカードローンという風に使い分けをした方がお得といえます。